トップページ > まちだの生き物たち 
まちだの生き物たち 
  この「まちだの生き物たち」は、第二次町田市環境マスタープラン推進計画(アクションプラン)に掲げる「環境に配慮した生活スタイルの定着〜学び・協働で進めるまちづくり〜」の一助にすることを目的にしています。
 掲載している写真は、市民の方が撮影してご投稿くださった、東京都町田市に生息・生育している生き物です。 
 
 ※まちだの生き物たちの写真をご覧になるには、以下のカテゴリーの画像をクリックしてください。 
 
  私たちは様々な生き物から直接又は間接に多くの恵みを受けて暮らしています。
 現在、人類が引き起こした第6回目の絶滅とも言われるほど、かつてないスピードで生物が絶滅しています。町田市は比較的自然が豊かですが、以前には沢山見られた生き物を見かけなくなっています。
 生物は、「捕食」や「共存」などお互いに関係しあいながら自然の中で共生しています。ひとつの生物が減少又は絶滅することにより、他の生物にも影響を与え、生態系が貧しくなることが考えられます。
 野生生物を保護するためには、自然との共生について私たち一人ひとりが考え、身近なところから自然に配慮した行動をとることが重要です。
 私たちが暮らしの中で取り組むことができることには、一例として次があげられます。

(1)不適切な捕獲や盗掘、採取をしない。
  ※生物はその環境に適合して生息していますので、移植等しても生きられない可能性が高いです。
  ※花の採取などは種による繁殖を妨げます。
  ※山菜などの採取はそれをその場所で絶滅させたり、その木を枯らしたりする場合があります。
(2)ゴミの投棄、踏み荒しなど、生き物の生息地を汚したり、破壊したりしないようにする。
(3)その地域にもともと生息していなかった外来種を野外に放たない。

 写真のご投稿をお願い申し上げます。
 写真は以下のものをお願いいたします。
 (1)町田市内の生き物(ペット、飼育、耕作、園芸等のものを除く)の写真。
 (2)当公社が無償で使用・公表させていただけるもの。
 (3)採取や捕獲等の生態系の破壊につながる行為によらないもの。
 (4)著作権、使用権等関係法令の問題が生じないもの。
 (5)第三者に損害やプライバシーの侵害、迷惑を与える行為によらないもの。
 (6)同定が可能なもの(特徴が分かるようにできるだけ色々な角度で撮影してくださるようお願いいたします)。
 (7)写真はデジタルデータとし、ファイル名に氏名、撮影月、撮影場所(町名のみ)を入れたもの。
 (8)撮影に当たっては安全を確保し、このことに関して生じたいかなる費用及び損害も、当公社に請求しないことに
   ご同意いただけるもの。

ご投稿の方法
 ご投稿はデジタルデータで、当公社に記録メディアでご送付いただくか、メール(ikimono@m-ecokosha.or.jp)添付でお願いいたします。
 
                           一般財団法人 まちだエコライフ推進公社  メール:ikimono@m-ecokosha.or.jp